辛い便秘にピリオドを|即効性のある薬が登場

薬代わりに使用できる

蜂蜜

摂取は大人になってから

マヌカハニーはハチミツの種類の中でも殺菌作用の効力が強く、風邪予防やインフルエンザ予防に効果を引き出すといわれています。風邪をひきやすい季節にスプーン1杯のマヌカハニーを口にするだけで、風邪やウイルスなどを身体から守ってくれるようになります。しかし、マヌカハニーはハチミツなので、病気を予防したいと思っても赤ちゃんや3歳以下の子供に食べさせることは控えたほうが良いといいます。なぜなら、ハチミツにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、大人なら免疫力でカバーすることができます。しかし赤ちゃんや3歳以下の子供の場合はまだまだ免疫力がちゃんと備わっていないこともあり、摂取することで身体に危険を与えてしまう可能性があるため控えたほうが良いのです。

抗菌効果による良い影響

マヌカハニーの殺菌作用はいろんなところに活かされるもので、風邪をひいてしまった時でも摂取するのに良い効果を出してくれます。たとえば、風邪で喉を傷めてしまったときに食べると喉の炎症を抑える働きを行ないますし、鼻炎や鼻づまりにも効果的といいます。風邪以外でも口内炎ができてしまったところにマヌカハニーをつけると治りが早くなりますし、腸内環境を整えピロリ菌を殺菌したり繁殖を抑制するのにも良いといいます。そのほかにも肌荒れを治す効果もあり、直接肌につけても殺菌作用効果を出してニキビや切り傷まで治す力を持ちます。数々の効力を持って身体を守っていくマヌカハニーは、甘味を加える食材となるだけでなく、薬のように使うために保管しておくのも良いものとなります。